【Rails】 Ransak の検索結果を Pagyでページネイション

目次

Rails Ransak Pagy

はじめに

Ruby on Rails で検索機能を実装する場合、

Ransakを使用すれば非常に簡単に検索機能を実装することができます。

それと合わせてページネーションをする際、主流はKaminariですが、PagyのほうがViewのカスタマイズが簡単だったりします(好みですが)。

そのRansakによる検索結果とPagyを同時に使用する場合の方法を紹介します。




環境


前提

例)ここでは、UserController.rb、にて、User Modelを対象に検索した内容を、index.html.slimにて表示してます


Ransak


Pagy


最後に

意外と、pagyとransakを同時に使うサンプルが無かったので書いて置こうと思いました。

また、pagyはバージョンにより、少々記述が違うので、バージョンに注意が必要です。

また、pagyで.html_safeがないと、タグが表示されてしまい、検索してたところgithub上に、html_safeを使えと書いてありました。

他のバージョンだと必要ない場合もありそうです。

少しでも参考になれば幸いです。

U-chan ( Nobuyuki Ukai )

学生時代は建築やデザインを専攻していたが、Yahoo!Japanにエンジニアとして運良く入社し、2年半で波情報を配信する波伝説に転職。3年後、Yahoo!時代の先輩の立ち上げたベンチャーに転職。数年後、伊豆下田に移住し、ゲストハウスを開業しながらリモートでエンジニアを続けたが、焼肉店の開業とともに株式会社UKAIを立ち上げ、法人成り。その後、カフェとゲストハウスをもう一軒開業し、現在は焼肉店、カフェ、ゲストハウス2件目を運営。今季は自社Webサイトの立ち上げ予定!

comments powered by Disqus